ネアンデルタール人と北京原人?

3年前の今日、ペンシルベニア大学卒業生がウチの工房見学に来られました。
引率は、ペンシルベニア大学で日本近代史を教えておられるFrederick R.Dikinson教授でした。
教授は、アメリカで大正天皇に関する本を執筆・出版されてます。
教授と喋っている私を見て家内曰く、
『教授は頭が良くて、背が高くてスタイル抜群、そして、ハンサムやな。あんた、同じ人類と思えへんよ(笑)』
だって。
胴長・短足・顔デカですんまへん🥶

Follow me!

前の記事

コカ・コーラの本

次の記事

スマホの待ち受け画面