インドネシアの思い出

6年前の今日のFacebook記事です。
懐かしくて、以下にUPします。

赤道直下のRaja Ampat から Jakarta に戻ってきました。
在日本インドネシア🇲🇨総領事館とインドネシア🇲🇨外務省が共同企画した現地視察だけあって良い人達との出会いがありました。
毎晩、インドネシア領パプアの知事さんやインドネシア海軍の軍人さんらと宴会でした。
私がJakartaのホテルを決めてないと言うと…パナソニック・インドネシアの副社長=インドネシア人のTOPが
「西澤さん、ジャカルタの事なら任せなさい!」
と予約して下さいました。
空港からJakarta市内も車を出してもらったりして、色んな人に助けて貰ってます。
もう、マラリアやデング熱感染に注意しなくて良いと思うだけで気が楽です。

とりあえず、久し振り?に泡の出るシャンプーとお湯のシャワーとクーラーを楽しみます。
合掌

※Raja Ampat までは、関空国際→ジャカルタ→マッカサール→ソロン→250馬力のエンジン×3のモーターボートで海上を爆走すること2時間30分!=計23時間です。関空~ジャカルタよりジャカルタ~Raja Ampat の方が時間がかかりました。めっちゃ遠かった。
※写真の建物は東インド会社(オランダ)の建物です。徳川家康が大阪城に撃ち込んだ大砲は、この会社から購入しました。

東インド会社

Follow me!