『おもしろきこともなき「伝産業界」をおもしろく』

先日、某大使館関係者とお話する機会があり、
『斜陽の伝統産業関係者が「行政に騙され、コンサルに騙され、建設会社に騙されて、最後に大使館にたどり着きました」と言って、相談に来られました』
と聞きました。

考えるに、伝統産業を元気にする特効薬は『販路拡大』と考えています。
しかし、伝統産業の従事者には営業する時間や広告費に使う予算はありません。
というのも、時間は仕事に食われ、予算は販路を持つ事業者に食われるからです。
結果、現状に我慢して耐えていても、事態は好転しません。

私も京焼・清水焼の業界に従事する者として、お手伝いすることはないか、一緒に考えることは出来ないか、と思いこのWebサイトを立ち上げました。

西澤パプア商店
代表兼事務員 
西澤慶則